年齢とともに衰えていく脳や自律神経の悩みを解消してくれるのがこの3つのオメガ脂肪酸

ARA(アラキドン酸)  アラキドン酸とは、ビタミンFとも呼ばれる必須脂肪酸の中のひとつです。もともと体内でアラキドン酸が作られるわけではなく、リノール酸と呼ばれる成分が体内で合成され、アラキドン酸となるのです。

では一体アラキドン酸にはどのような効果があるのでしょうか?人は加齢とともに脳機能の衰えが生じます。人の名前が思い出せなかったり忘れっぽくなったりするのもこれが原因です。さらに悪化すると認知症へと繋がるのです。その理由が、加齢とともにアラキドン酸の合成される量が減少していくからなのです。
しかしそれを防いでくれるのがこのアラキドン酸。アラキドン酸には脳機能の神経細胞に対して働きを促す効果があるのです。

DHA(ドコサヘキサエン酸) DHAとは、青魚やまぐろ・カツオに多く含まれる必須脂肪酸の中のひとつです。脂肪と聞くとあまりいいイメージはないと思いますがこの必須脂肪酸は人が生きていく上で欠かせない成分なんです。

では人のどこに多く含まれているのでしょうか?主に、脳神経や細胞です。そのため、DHAを摂取することが脳にも良いのです。具体的にどのようによいのかというと、スムーズに脳に対して情報を伝達することができます。そうすることにより、脳の老化防止にも繋がるのです。また、アルツハイマー型認知症の予防にも繋がります。
ところがこのDHAは体内で作られない成分なのです。日々の食事からきちんと摂取する必要がありますね。

EPA(エイコサペンタエン酸) EPAとは、青魚に多く含まれる必須脂肪酸です。EPAの効果としては、花粉やアトピーなどのアレルギーの緩和・血液をサラサラにして動脈硬化の改善・中性脂肪を減らす効果があります。それだけでなく、精神安定効果もあるのです。年齢により、更年期障害などで精神状態が不安定の方などいらっしゃると思います。

このEPAにはセロトニンといい、精神コントロールに関わっている成分の働きを高める効果があります。日常生活でストレスがたまりやすい人、ためこんでしまう人などはうつ病予防として摂取したり、精神を常に安定させるために摂取することをオススメします。
ただ摂りすぎには注意してください。血液サラサラ効果により出血が止まらないことも...。

 

この3つを摂取することでこんな悩みが改善!

こんな悩みを抱えている方、必見です! 

もの忘れがひどくなってきた人
高血圧、コレステロールなどの生活習慣病を患っている人
日常の疲れが溜まっている人
ストレスが溜まって精神が不安定の人
アレルギー症状で悩んでいる人


どんな食品でこの3つのオメガ脂肪酸が摂取できるの?

APA(アラキドン酸)、DHA、EPAが含まれる食品とは?
3つの成分が含まれている食品は実はそんなにありません。なのでそれぞれの成分を含んでいる食品をバランスよく食べることにより相乗効果が現れるので大切なのです。

 

まずは、アラキドン酸。これが多く含まれている代表的な食品は、レバー・鶏卵・魚です。他にも、わかめ・鶏のもも肉(皮付き)・干しひじきなどが挙げられます。基本的にアラキドン酸は日常の食品から摂取することができるので不足することはないでしょう。ただ、過剰な食事制限によるダイエットをしている人は足りない可能性もあります。

 

DHAを多く含む食品は青魚と言われるさば・さんまに加えてまぐろの赤身やぶりです。これはEPAとも共通な食品でもあります。基本的にDHAやEPAは青魚から摂取することができるのです。

ただ、毎日バランスよく摂取することは大変です…

3つのオメガ脂肪酸を食事で摂取するのが難しい理由

3つのオメガ脂肪酸が酸化しやすい特性があるため

 

この3つの成分を食事で摂取していればもちろん健康な身体を手に入れることができます。ところが同時に食事で摂取するとある問題が発生するのです。それはアラキドン酸・DHA・EPAは酸化しやすいという働きを持っていることなのです。
酸化してしまうと何が起きてしまうのでしょうか?体内で作られている抗酸化物質であるビタミンEが大量に消費されてしまいます。すると、貧血・血行障害・肌のシミなどを招いてしまうのです。

 

だから、サプリメントで手軽に摂取しましょう!

 

 

 

アラキドン酸を過剰摂取することで起こりうる症状とは
身体にいいと言われているアラキドン酸。身体にいいからといって大量に摂取してはいけないのもアラキドン酸の特徴と言えます。もともとアラキドン酸の効果として、高血圧予防やコレステロール減少などが挙げられますが過剰に摂取すると実は全く逆の働きが起きてしまうのです。血液サラサラ効果ももちろん反対の働きをします。血栓を作りやすくなったり、血液が固まりやすくなってしまうのです。他にもガンのリスクを高めたり、アレルギー症状を起こしてしまう可能性もあります。
健康のために摂取していたはずなのに健康を害してた…なんて経験したくないですよね。ただこれらを見るとアラキドン酸を摂取するのが怖くなってしまう人もいるかもしれません。ですがきちんと摂取量を守っていれば身体によいことばかりなのです。もちろん過剰に摂取したから必ずこれらの症状が出るわけでもありません。
何事も摂取量を守ることが健康への第一歩となるのです。

 

 

 

粉ミルクにも配合されるアラキドン酸
アラキドン酸は高齢者だけでなく乳幼児にも効果があることがわかってきています。特に生後半年くらいまでは母乳・粉ミルクで成長する赤ちゃん。この時期にアラキドン酸を摂取する必要があるのです。そもそもアラキドン酸は体内で作られるものではなく、リノール酸と合成されて作られますが赤ちゃんは母乳・粉ミルクしか飲むことができません。するとアラキドン酸を摂取することは難しいですよね。
ところがこのアラキドン酸。実は母乳に多く含まれているのです!できるだけ母乳で育てることをオススメします。ですがどうしても粉ミルクを使わざるを得ないこともありますよね。安心してください。最近ではアラキドン酸が配合されている粉ミルクも多く販売されています。
粉ミルクの成分を見てできるだけ母乳の成分に近いアラキドン酸が配合されているものを選ぶようにしましょう。そうすれば母乳で育てているのと同じように脳機能の発達に繋がります。

 

更新履歴